オリンピックの面白さ|18年度vol.05

こんにちは。
学生団体おりがみ東京支部の代表を務めている明治大学法学部法律学科2年の冨塚匠です。普段おりがみのメンバーからは「かいちょー」と呼ばれています!代表やら会長やらややこしいですがよろしくお願いします(^-^)

 

東京オリンピックパラリンピック開催まであと2年くらいですね!みなさんは、東京オリンピックパラリンピックを開会式や好きな競技を見て終わりでいいや、そんな風に思っていませんか?

あなたの身近にオリンピックパラリンピック

オリンピックパラリンピックは言ってしまえば4年に一度開催される世界規模のフェスです。こんなに大きな大会が私たちの国、日本で開催されるのです。

それなのに、自分から何もしないで競技を見て、楽しかったねだけで終わってしまうのってもったいないと思いませんか?

せっかく日本で開催されるなら何かしらオリンピックパラリンピックに向けて自分から行動してみてはいかがでしょうか?

僕は、みなさんが、オリンピックパラリンピックに向けて活動した参加者として、「2020年オリンピックパラリンピックを東京でやって良かったね。とってもいい思い出になったね!」と言えていると良いのかなと思っています。

 

オリンピックパラリンピックは様々な国からたくさんの人がやってきて競技大会をしたり、国際交流をしたり、日本の文化などを世界に発信したり…と色々な側面を含んでいます。
つまり、色んな側面を持っているということはその数だけ関わり方が多様ということです。

スポーツが好きな人はオリンピック競技を観戦という形で盛り上げる、日本文化が好きな人はその文化を外国に向けて発信する、福祉に興味がある人はパラリンピック競技を体験してみるなどなど…。ぜひ自分の興味のある範囲で行動してみてください。

オリンピックに関連したイベントは日本中で他分野に渡りたくさんやっています。きっとこの記事を読んでいるあなたの地元でも何かしらが行われていると思います。まずは自分で探してみて、一つでも良いので参加してみて欲しいです!

好きなことをオリンピックパラリンピックボランティアとして

僕自身元々オリンピックには興味がない人間でした。オリンピックどころスポーツ観戦すら一度もしたことがなかったです笑。しかし、学生団体おりがみで1年間活動してきてオリンピックの楽しさ、そして可能性に気がつき、いま代表として活動をしています。

僕はオリンピックでの地域づくりに最も興味があり、オリンピックパラリンピックと地域のつながりを模索しています。自分の好きなことをボランティアとして活動できる、それがオリンピックパラリンピックの面白さです。

2020年に向けて活動して東京オリンピックパラリンピックをみんなで盛り上げましょう!そしてなにより自分たちがオリンピックパラリンピック楽しみましょう!

2020年はすぐそこです!!