団体理念

団体名

学生団体おりがみ

活動理念

学生が軸となり、ひとりでも多くの人が関われるオリンピック・パラリンピックをつくる

2020年、東京オリンピック・パラリンピック。世界各地の人がこの地、この時に思いを馳せ、東京、日本、そして世界が変わっていく。 このオリンピック・パラリンピックの大きな可能性に魅かれて、私たちは集まりました。

 

“おりがみ”の由来

オリンピック・パラリンピックを
がくせい
みんなで盛り上げよう

から頭文字を取って“おりがみ”です。

私たちの夢 ―オリンピック・パラリンピックの“成功”―

私たちの夢。それは、オリンピック・パラリンピックを、ひとりでも多くの人が心から“成功”だと思うことのできる大会にすることです。 では、何が“成功”と言えるのでしょうか。大会当日がうまくいけば、オリンピック・パラリンピックの“成功”なのでしょうか。この東京だけが盛り上がれば、それはすべての“成功”につながるのでしょうか。
私たちが定義する“成功”とは、“ひとりでも多くの人がオリンピック・パラリンピックに向かって動いていく姿”です。このようにして、ひとりひとりの心を動かし、そして大会が終わってもその心に遺っていく。
そのようなオリンピック・パラリンピックを目指して活動しています。

 

「学生が動くこと」とは

オリンピック・パラリンピックでは、立場、そして分野をも越えていくことで、その広がりはあらゆる方向へと向かい、多くの人が多面的に取り組むことのできる機会が与えられています。このような類まれな性質こそ、オリンピック・パラリンピックにおける最大の魅力だと感じています。そして、学生は、社会の利害関係にとらわれることなく行動できる立場にいます。
このような経緯で 、私たちは学生を主体として、 様々な分野・立場の方と協力をすることで、このオリンピック・パラリンピックの魅力を最大限に引き出すことができると考え、活動しています。

 

みんなでつくるオリンピック・パラリンピック

様々な分野・立場の垣根を越えて活動するには多くのつながりが必要です。ではそのつながりとは何でしょうか?日本国内で学生を中心とした場合、小中高大の縦の連携や大学間、産学官の横の連携を整えることに思い当たります。まずはこの橋渡しをすることで、連携の輪、そして活動の幅を広げていく。そして、人々があらゆる方向に伸ばしたその手がひとつになることで、日本中のひとりでも多くの人がオリンピック・パラリンピックに関わること。それが私たちの目指す道です。
-オリンピック・パラリンピックを、学生、みんなで―