一宮町ビーチボッチャ大会@一宮海岸|2018年7月16日

活動属性

写真

イベント概要

イベント名:一宮マリンステーションプロジェクト『一宮町ビーチボッチャ大会』

2018年7月16日に、一宮町にて『一宮マリンステーションプロジェクト』の1つのイベントとして『ビーチボッチャ大会』が開催されました。

このイベントは近年課題になっている「子供の海離れ」や「海のバリアフリー化の遅れ」問題について考えることをテーマに、パラリンピックの競技であり、誰もが楽しめる「ボッチャ」を2020でのサーフィン会場である一宮町の海岸でやってみようということで新しく「ビーチボッチャ」という競技を企画し、実施したものです。

ビーチボッチャは今までにほとんど前例がない取り組みで、企画の段階から様々なアイディアを出し合い、海岸のどこで行うか、用具はどうするか、進行の方法などゼロから作り上げていきました。

おりがみが何をしたか

今回おりがみは、一宮町の一宮海岸をお借りして、ビーチボッチャ大会の企画から運営を実施させていただきました。

ビーチボッチャ大会後は、おりがみメンバーはイベント全体のプログラムの一つである地引き網にも参加し、汗を流しつつ、地元の文化に触れてきました。こちらも貴重な経験になったと思います。

当日の様子

当日は、小学生から高校、大学、社会人まで幅広い層の方々に参加していただきました。

ボッチャは検討の末、砂浜の上でソフトボールを用いて行う、というおりがみにとっても初の経験となりました。競技として成立するか不安したが、蓋を開けてみると大成功、砂浜で予想外のボールの転がりをする展開に会場は大盛況でした。また、この大会は予選リーグと決勝戦、三位決定戦を含めた本格的な構成となっており、優勝チームにはなんとメロンが贈呈されました!

参加した方に後から話を伺うと「楽しかった!」という声をいただくことができました。

執筆者:岩澤 恵史

報告書

2017年前期報告書が完成しました。以下のリンクよりダウンロードや印刷版のお取り寄せができますので、ぜひご覧ください。

活動・ミーティングを体験してみませんか?

おりがみはいつでも団体説明や見学・体験の機会をご用意しています!

  • どんな雰囲気で活動しているのか見てみたい方
  • おりがみの活動が気にっている方
  • オリンピックに関する活動に携わりたい方

大歓迎です!

興味のある方は下の見学詳細ページを見てみて下さいね✨✨