明大パラスポーツ体験会@明治大学 和泉キャンパス|2018年10月6日

活動属性

写真

イベント概要

イベント名:オリンピック・パラリンピック大会ボランティア紹介&明大パラ競技体験会

2018年10月6日に、明治大学和泉キャンパスにて、オリパラ大会ボランティアの紹介とパラスポーツ体験会を開催しました。

第三回となる今回の体験会では、9月から募集が始まった大会ボランティアの活動内容や都市ボランティアとの違いなどを含めた紹介をしました。

オリパラに関する知識をクイズ形式で参加者の方やおりがみのメンバーに知ってもらいました。
また、体験会では「ボッチャ」「車いすバスケ」「ブラインドサッカー」の三競技をトライアスロン形式で体験してもらいました。

おりがみが何をしたか

おりがみのメンバーは、明治大学和泉ボランティアセンターと協力して企画・運営をし、当日は運営側とイベントに参加する側に分かれて活動しました。

前回の反省から、集客を改善するという目的で、イベント前に明治大学でお昼休みにボランティアセンターの前でボッチャ体験会を開催して、いろんな学生にパラスポーツの面白さを知ってもらえました。また、今までの体験会ではやったことのないブラインドサッカーや車いすバスケの道具を借りるために、千葉大学や杉並区の社協の方々に連絡をとり、協力をお願いしました。

当日は、スムーズに企画が進行できるように司会や運営を分担して行いました。

当日の様子

今回は大会ボランティアの募集が始まった時期を狙って、10月6日に開催しました。なので、参加者の対象も大会ボランティアに興味がある学生でした。参加者の人数は前回の3倍くらいだったので良かったです。

クイズ大会は参加者の方々やおりがみのメンバーもみんな楽しそうで、とても盛りあがりました。トライアスロン形式でパラ競技を体験してもらうパラトライアスロンについて、ボッチャはチーム内で戦略を立てどうやったら自分のチームが有利になるか、ゴールボールをどこに動かしたらいいかなどボッチャならではの競技の面白さを知っていただけたと思います。そのあとのパラトライアスロンはブラインドサッカーの視界が制限されている中でボールを蹴る難しさ、車いすバスケのシュートに必要な力の強さなど実際に体験しないとわからないことを体験を通して実感していただけたと思います。

参加者の方々には「いろんなスポーツが体験できてとても楽しかった。」「オリパラにもっと興味を持つことができた」と言って頂けました。

中には留学生の方もいて、「今日参加できてとっても楽しかった。大会ボランティアにも応募してみたいと思う」とおっしゃってくれてとても満足していただけました。

執筆者:野村 朱里

主催

報告書

2017年前期報告書が完成しました。以下のリンクよりダウンロードや印刷版のお取り寄せができますので、ぜひご覧ください。

活動・ミーティングを体験してみませんか?

おりがみはいつでも団体説明や見学・体験の機会をご用意しています!

  • どんな雰囲気で活動しているのか見てみたい方
  • おりがみの活動が気にっている方
  • オリンピックに関する活動に携わりたい方

大歓迎です!

興味のある方は下の見学詳細ページを見てみて下さいね✨✨